カードを契約していると通常はクレジットカード会社からご利用明細の通知があります。それら利用明細を見るとどこで何月何日にどんな物にいくら分使ったのかという詳細が記されているためさかのぼって切ったリストを一目するために非常に易しく安心です。代わりとするのは目的から外れるため少し無理があるのではないかと思いますがちょっとした収支記録に類するものとしてファイルすることもできるため、節約の助けにもなると思います。なおクレジットカード利用代金明細郵送されてからおおよそ2週間程度でカード代金の送金が実行されます。だからこのクレジットカード明細書を見てみて何か身に覚えのない記録もし本当に使ったこともない項目が表の中にあれば、フリーダイヤル等に問い合わせて聞けばよいということが多いでしょう。もしクレジットカード詐欺などのあなた以外の人のカード使用が判明したような時でも、クレカ利用者にミスがない時には通常の場合はクレジットカード会社がそれらの疑わしい決済を免除してくれます。ここ数年ではこういったカードご利用明細をWEB上で見ることができるクレカがほとんどです。常時どのお店でどのようなサービスを利用したか把握する習慣にして不正を未然に防ぐことができるし出納帳の代わりとなりお金の管理でさえもこれでできます(専用ページで使用履歴をリストアップOKな会社はさかのぼって使用履歴や決済可能残高等が閲覧可能な場合が多です)。カードは上記の視点からも十二分に有用な手立てなのではないでしょうか。