直接商品を買うのでないカードの方法は易しいです。クレジットによってそのまま取引できない販売品を直で買い込むという事ではなく遠まわしに購入する方が良いのです。理屈が明快なので、はじめにギフト券の例を採用して表現してみたいと考えます。モデルとなる女性がブランドアクセサリーを欲しいとそれを見つめてじっとしています。買いたい一流のコートを扱っているお店では購入したくてもカードで支払う事が不可能です。しかしながらMasterCard、NICOSなどのギフト券を使えば支払いを許してくれるといいます。という事で例にあげようとしている個人はクレジットカードで券を注文する事が可能な金券ショップに訪れクレジットを駆使してAmerican Express、Diners clubなどの商品券を注文します。使ったクレジットを活用して購入したJCB、American Express、NICOSなどの券を店に携帯して向かい手に入れたかった高価なカバンを注文したとします。「なぜ商品券で購入した人物はそういった手の込んだ手続きをしてるの?」と思うのかもしれませんが実際解説した方法を活用するのだったら実際は獲得する事はなかったクレジットポイントがもらえます。いつものように、現金を払う事でブランドバックを買い取りしたりした場合でもカードローンポイントは獲得できませんしJCB、NICOSなどの券を現金で買い付けした上で利用してもカードポイントは得られません。しかし上記で述べた状況、MasterCard、NICOSなどの券をクレジットで購入したという根拠により、ブランドアクセサリーを買った場合と同じような量のカードポイントが得られる事になります。これが遠まわしにクレジットを活用した状態になっているという根拠で、間接クレジットと言われている進め方です。